あらためて学ぶ不動産とは

不動産は仲介業者で探す

不動産は仲介業者で探す 不動産を探す際の選択肢の一つとして挙げられるのが、「仲介業者を使う」という方法です。
不動産を探す際に業者を使った場合、以下のようなメリットがあります。
「物件の権利関係や、周辺地域などの情報を調べてくれる」。
「賃料や売り値が適正かどうかを判断してくれる」。
「取引条件を調整してくれる」。
「代金がちゃんと支払われているかどうか確認してくれる」。
「契約書などの書類を作ってくれる」。
「物件に瑕疵があった場合、責任を執ってくれる」。
「その他のトラブルがあった場合も、解決するために動いてくれる」。
このように多くのメリットがありますが、一方で「仲介手数料が発生する」というデメリットがあります。
どのくらいの額かというと、売買であれば「成約価額の3%」、賃貸であれば「賃料1月分」が上限となっています。
しかし、法律では上限だけが定められているので、値引き交渉することは可能です。
その際は、他の業者にも相談していることを匂わせると、成功しやすくなります。

不動産は土地とその定着物

不動産は土地とその定着物 不動産は法律上の物として扱われ、それを所有する者からは財産のひとつとして考えられています。
一般的には土地のことを指しますが、その土地に定着するものも同じく不動産として扱われることになります。
この定着物とは土地に継続的に付着された状態で使用することが前提となっていて、取引上の性質を持つものとなります。
最も分かりやすいものは建造物で、住宅やビルといった建物を指すことになります。
取引上は土地と建物は別として考えられていて、それぞれに登記が用意されているので、売買する際にはそれぞれの書類を用意する必要がでてくるのです。
また、特別法によって立木も土地定着物のひとつに考えられていることがあり、土地とは独立した不動産となることもあります。
対比する用語として動産がありますが、こちらは定着せず移動することが可能な資産として考えられます。
分かりやすいもので言えば自動車などで、取り扱い上は全く異なるものとなるためしっかり区別することが重要です。

新着情報

◎2017/12/20

不動産物件を更新する
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

投資の対象としての不動産
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

不動産取得税の算出方法
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

取引には専門知識を要する
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家不動産特集
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

不動産は仲介業者で探す
の情報を更新しました。

「不動産 仲介」
に関連するツイート
Twitter

ある大手不動産仲介会社の話。手数料が両手で取れるなら5000万円の片手手数料よりも、4500万円の両手手数料の取引きを担当者の独断で優先する。オーナーはその事実をもちろん知らずに物件を売却。確かにそれもビジネスと言えばそれまでだけど売主さんが可哀想。そう感じてしまう私の考えは甘いのか…

返信先:Aka-Piyoちゃん💜 ついにお家を購入してしまいました😊💕 仲介はもちろん信頼出来る登坂不動産の永瀬さんです🤭ナンテネ 私もワクワクしてる〜😆✨ 見てくれてありがとう💕

先日、港区のあるバーでお酒を飲んでいたところ 明らかにオーラのある人が隣に座りました。 その方は38歳で不動産仲介会社を経営していて、 年収は数十億円という方でした。 今日はこの人と話しをしてみて、 気づいたことを話したいと思います。

返信先:ある建売を買おうとした時に、ヤ○ダ不動産から別の会社に仲介変えたら、ヤ○ダ不動産の担当者から暴言吐かれました😊 加えて、ヤ○ダ不動産の人が裏で売主に、途中で仲介を変える最悪の客だって陰口言われてて、買付申込してたけど売主から却下されましたね😊 基本、不動産屋の人を信じていません😊

返信先:大手不動産の素晴らしい管理者から何を教わり、自分が日々向き合うお客様とどう対峙しているんでしょうか。 その営業マン自らがお客様に注ぐサービスの対価に、もはや価値はありませんね。 正規の手数料を頂いているお客様に失礼です。 この営業マンに仲介の仕事をする資格はありません。